多重債務レボリューション

  •  
  •  
  •  
多重債務レボリューション 妹及び父が店を開くと明言
妹及び父が店を開くと明言した。妹は銀行から借金を2000万円、自分の名前にして土地及び建物を買ったのです。資金不足で店内の内装は自分でなんとか作りました。店舗はまあまあの賑わいをみせていまして、結構早めに完済しました。父母及び妹夫婦が切り盛りしていた店舗は、お店と住宅を兼ねており、その建物の一部分の名義は妹及び旦那が共有所有者となってました。

それから、2年目に突入した頃からお客さんの数が増えてきて売り上げが伸びてきたので、もう1軒店の開店のために借金を親からなったのでした。ある時、泣いた妹が電話で話しました。旦那が、金利の高い金融業者から300万円という大金を借りてたことを知ったみたいでした。お金を何に使ったかというと賭け事だったようです。私は、彼のことを可哀相に同情の念をだけでした。はっきり言って、借金でお金を借りるのは家の購入のローンだけにだけで十分のため、自動車を買う場合については現金購入がをしたいのに、残念ながらお金が貯まっていかないのです。

そこの店が、両親の知ることなく、借金7000万円という多額の担保として身内が使っていた事実が聞かされた、父母の意気消沈ぶりは相当だったでしょう。実を言いますと自動車の購入を希望してますが、費用の捻出がほとんど貯まらないのです。
注目の任意整理とはけっこうなよい発想です。最後に本末転倒にしないように努力したい。その時までは目標なんて存在しなかったので、相当自由気ままにお金の消費をして、持ち金が全てなくなった時は、カード経由でローンを組んだり、借金のことはあまり深く考えて感じです。
 

Copyright © 多重債務レボリューション All Rights Reserved.